少年フィード

  1. TOP
  2. お役立ち
  3. けんこう
  4. 理想的な睡眠をとるために寝る前にやるべきことまとめ

理想的な睡眠をとるために寝る前にやるべきことまとめ

sleep

こんにちは。朝目覚めて、すごくさっぱりした気持ちになったことってありませんか?あーよく寝た!って思う時って理想的な睡眠がちゃんととれている可能性が高いです。理想的な睡眠がとれていればその日のパフォーマンスも良くなります。理想的なライフを送るために睡眠の質を向上していきましょう。

ここでは理想的な睡眠をとるためにやるべきことをできる限りまとめてみました。

 


 
スポンサーリンク


理想的な睡眠のために実践すること

 

寝る前に関節照明など淡い光にする

体内のリズム調整のために寝る前は間接照明のような淡い光のなかで就寝準備をしましょう。後述しますが淡い光の中で横にはならず、しばらく瞑想や軽いストレッチをするとさらに効果的に良い睡眠が取れるとされています。

【癒やし】ほんのり淡く光る目に優しい照明器具ベスト10
http://goo.gl/01M99e

 

 

アロマを炊く

アロマの効果は様々ですが、睡眠の質をアップしてくれるアロマもありますので是非使ってみましょう。下記サイトに手間をかけずにアロマを炊く方法など詳しく記載してありました。

出典:http://suzie-news.jp/archives/13748

 

 

ストレッチをする

寝る前にストレッチをすると理想的な睡眠を得られるといわれています。ストレッチによって全身の血行をよくしたあと一時間くらいで深部体温が下がり始めるといわれているので寝る一時間前のストレッチが理想的とされています。

出典:http://stretchpole-blog.com/presleep-stretch-2212

 

 

瞑想をする

気持ちが高ぶっている時などに無理に横になってもなかなか寝付けないものです。そういった場合はまずは瞑想をして心を沈めてから横になると安眠できます。

とくにポーズなどはこだわらなくて良いですが、目をつむって、首や肩などをゆらゆらゆらし、自分がリラックスしているイメージをしてください。その時にお腹から呼吸する腹式呼吸をゆっくり行いながら瞑想するとよりリラックス効果が得られます。

 

出典:http://subconsciousness-happy.hatenablog.com/entry/2015/05/29/002509

 

 

スマホやPCやテレビなどを見ない

スマホやテレビなどの光は脳を興奮させてしますので寝る前は極力控えるようにしましょう。スマホをいじるよりもストレッチや瞑想などをする習慣をつけて絶対にいじらないようにルールづけしましょう。(スマホ依存の人も多いと思いますので笑)

 

 

枕をちゃんと選ぶ

良い睡眠をとるためには枕はかなり重要です。枕があっていないと、頭痛や肩こり、いびきや不眠症などを引き起こしてしまうため、思い当たる人は自分にあった枕を選びましょう。詳しくは下記サイトに書いてあったのでそちらを参考にしてください。

出典:http://www.nishikawasangyo.co.jp/sleep/knowledge/18.html

 

 

敷布団、マットレスをちゃんと選ぶ

敷布団、マットレスも良い睡眠をとる上で重要になってきます。まず仰向けで寝るときは背骨が正しいSの字になっていないと頭痛や腰痛の原因にもなってきます。横向きに寝る場合も背骨がまっすぐの状態であることがベストです。できれば敷ふとんの場合もマットレスの使用を推奨します。

購入をする予定の人は実際に店頭にいって専門の人に聞きながら寝心地を確かめて買うと良いです。

出典:http://sleep-natura.jp/howtoselect/bed_matress

 

 

 

湿度や温度を最適にする

当たり前ですが、部屋の湿度と温度を最適にすると睡眠の質もアップします。冷房が苦手な人は扇風機をつけるなどのできるだけ快適な環境を作りましょう。

 

 

マッサージをする

寝る前に押すことで睡眠の質を高めてくれるツボがあります。

百会(ひゃくえ):頭のちょうどてっぺんにあるツボ。安眠の他に抜け毛、頭痛、肌荒れ、目の疲れ、鼻づまりなどに効く万能のツボです。

安眠(あんみん):耳の後ろにある尖っているような骨からちょっとしたのところのツボ。名前の通り安眠に効果があります。

失眠(しつみん):かかとの中央部分を親指で刺激を感じるまで力強く押す。こちらも眠れない時に効果的なツボです。

出典:http://matome.naver.jp/odai/2138369960314435201

 

 

 

快適なパジャマを着る

Tシャツに短パンなどで寝る人も多いとは思いますが、快適な睡眠をとるために良いパジャマを着ることをおすすめします。速乾性素材を使用するなど、寝心地をよくする工夫がなされています。

 

 

 

アルファー波を出すBGMを流す

脳のアルファー波を促す音楽を聞いていると脳がリラックスし、よく眠れるようになります。寝付きが悪い人は淡い光の中、瞑想しながら、こういったBGMを聞くときっと効果ありますよ。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?良い睡眠をとるために心がけることはたくさんあります。これら全てを実践すると逆に疲れちゃいそうですので、自分にあった方法を寝る前にいくつか実践していきましょう。

 

 


 
スポンサーリンク



 

関連記事